<プロドライバーが良く使っている超便利アプリ>

なぜ個人タクシードライバーの1日はこんなにも自由なのか

タクシーのお仕事

【とにかく怒る安村君】

【たくのり君】

タクシードライバーの中に個人タクシーっているけど、一体どういう生活をしているのか良く分かんないな。
個人タクシードライバーは比較的自由な働き方が出来るタクシードライバーの中でも、さらに自由な働き方をしている人たちなんですよ。
自由なタクシードライバーよりもさらに自由なタクシードライバー?
そうそう。もはや何でもありな最強の仕事って断言できますよ。中の人が個人タクシーのボクが言うんだから間違いない。
何でもありな最強の仕事!?なんじゃそりゃ!?
これからその理由を法人タクシーと比較しながら解説していきますね。安村さんでも分かるように。
いつも一言多いんだよ!ドラム缶に詰めて滝から落とすぞ!

なぜ個人タクシードライバーの1日はこんなにも自由なのか

個人タクシーに出勤は無い

自宅が事務所となる個人タクシー事業者には出社という概念がありません。 しいて言うならば自宅からタクシーが停めてある車庫までの移動が出勤のようなものですが、多くの場合同じ敷地内か近所の駐車場を借りるので短時間の移動ですぐ仕事開始となります。

満員電車で押しつぶされながら、大渋滞に巻き込まれながらのあの地獄の出社が無いのか!
営業車両は営業区域内に配置しなければならないので、車に乗ったらその場からもう仕事開始というわけです。

仕事を開始する時間も終える時間も自由

法人タクシーもある程度の融通は効くものの、基本的には決められた時間に出社して点呼を受けて出庫し、決められた時間までに戻るといった束縛があります。 一方で個人タクシーが気にするのは売り上げだけなので、お客さんの多い時間帯だけ仕事をして、後は趣味や副業に時間を使うといった自由気ままな働き方が可能です。

ボクの知り合いの個人タクシー事業者は夕方頃に出て電車が終わる頃までやって帰ると言うパターンが多いですね。
効率が良い時間帯だけ働いているんだな。
ボク自身は午前中と夜の二度に分けて仕事をすることが多いです。ほんと人それぞれ好みの時間帯に仕事をしている感じですね。

洗車は汚れている時だけ

法人タクシーの場合は同じ車を他のドライバーさんも使うので、仕事が終わったら綺麗に洗車しておかなければなりませんが、個人タクシーの場合は自分以外が営業に使う事はありませんので、汚れた時だけ洗車すれば良いんです。

車内は清潔に保たなければならないと決められていますので、車内清掃はちゃんとやりますが、ボディに関しては毎日毎日やらなくても大丈夫ですよね。自分の車でもあるので最初に少し奮発して良いコーティングをしている事業者さんも多いです。そうすれば洗車回数はかなり少なくなります。
車好きなら別だけど、普通自家用車は毎日洗車なんかしないもんな。そういう事なんだな。

遠方へ行ったら観光も出来ちゃう

タクシーのお客さんにはたまに信じられない遠距離移動をする方がいます。 その場合、時間が管理されている法人タクシーの場合はすぐに営業区域や営業所に戻らなければなりませんが、個人タクシーの場合はその場所を散歩したり観光を楽しんだりお土産を選んだりと、旅行も兼ねた仕事が出来てしまいます。

仕事とプライベートが曖昧で、その場その場で切り替える事が出来ちゃうんだな。
都心部で仕事をしているとたまに景色の良い地方の公園を散歩したくもなるんです。ボクは丁度良いくらいの頻度で遠方へ行くので息抜きになってます。

育児休暇取り放題

自由に休めるという事は育児休暇も取り放題です。 女性ドライバーさんでしたらご本人が、男性ドライバーでしたら奥様が妊娠された時から必要な時に必要なだけ休めます。 会社勤めのように申請も何も必要ありませんし、本来育児が大変なのは生まれた後もずっとなのに、一般的な育児休暇だと数か月で終わってしまいます。 もちろんその分収入は減りますが、空いた時間にこまめに仕事が出来るので容易に埋め合わせることが可能です。

実はボクの中の人も子育て世代で、3人の子供がいます。小学生と幼稚園児と2歳児ですが、まぁ学校や幼稚園の行事が重なったり、何度も来る予防接種やら保護者会やら様々な説明会やら、個人タクシーで無ければ凌ぎきれないですよ…。
一般的な激務の会社勤めだと子供のそういったイレギュラーな出来事まで手が回らないもんな…。そんで奥さんとの関係も悪化するっていう悪循環…。

個人タクシーになるには

個人タクシーが自由過ぎる仕事というのはご理解頂けたと思いますが、思い立ってすぐになれるというわけでもありません。 個人タクシー事業者になるにはいくつかのハードルを越えなければなりませんが、最も高いハードルは法人タクシーを10年間経験しなければならないという点です。 ただ一方で真面目に安全運転を続けていれば必ずなれる仕事でもあります。

しかし個人タクシーになるのに向いているタクシー会社向いていないタクシー会社があるのも事実で、酷い所だと人材不足の観点から個人への独立を妨害してくるようなタクシー会社も中にはございます。 個人タクシーの資格を得られるような優秀なドライバーさんを快く送り出してくれるような良いタクシー会社を探すには、そんなタクシードライバーのお仕事に興味が御座いましたら、以下の超定番老舗タクシー専門転職サイトからさらに詳しく調べてみて下さい。
P-CHANTAXIにはタクシー会社との強いパイプがあるので、書類選考率が驚異の100%です。
優良タクシー会社さんだけが勢ぞろいしていますよ。



【PICKUP】タクシードライバーに興味がある方にオススメ!

何故タクシードライバーのメリットが6個もあるのかタクシードライバーのデメリットが7個もあったその理由を公表します

【PICKUP】タクシー業界のちょっとキニナル

タクシーメーターの不正操作って可能なの?タクシーの短距離のお客さんがどれだけ有り難いのか解説します

【タクシー乗り場を検索する】